俺と彼らのハッテン体験談~女装好きゲイの妄想~

~女装好きゲイの妄想~

俺の一番

カテゴリ:ノンケ 体験談 初体験2015年12月9日

00237

俺は貴広っていいます。
今年で30迎えるんでもうオッサンですね(苦笑)
実話なんで記憶は曖昧ですけど、読んでくれたら嬉しいっす。

俺には5歳離れた妻がいます。
俺が言うのもなんだけどかなり美人(笑)

その妻が友人と旅行へ出掛けた日。
仕事もない日は暇だから、ビデオに撮った映画を見たり片付けをしたりで時間を潰してた。
そしたら電話が入った。

「もしもし、」

「もしもし、○○(妻の名前)さんいますか?」

その電話は男から。
雑音が入ってたせいかあまり聞き取れなかったが、俺はどうせセールスとか勧誘だろうと思い早めに切ろうとした。

「あ、すみません…今いないんでまたかけて下さい」

「……小田嶋(仮)?」

「…?」

「あー、浅野(仮)だけど」

「浅野!」

危なく受話器を落とすところだった。
それくらい俺は動揺していた。

その浅野ってやつは俺の前の会社の同僚だった。
俺は一度浅野と寝たことがある。
今の妻と交際が上手く行かなくて浅野に呑みながら相談していたら、つい止まらなくなってしまい結局浅野に送って貰うはめに。

多分俺も浅野が優しくしてくれたせいか、甘えたかったんだと思う。
あんま覚えてないけど、かなり感じた(笑)
んで、次の日二日酔いの状態で起きたら裸で、同じく裸の浅野に抱き締められてた。
何故か俺が下になってたらしく、ケツも腰も痛い。

浅野の家だったから勝手も分からないので、大人しく抱き締められたまま。
そうこうしてるうちに浅野が起きちまって、俺はとりあえず謝られて(笑)
気まずいままで何日か働いて、運が良いのか悪いのか新しい仕事に巡りあって浅野とはそのまま。

だから電話の向こうに何年ぶりかの、初めての(笑)相手がいたことに俺は緊張した。
少なからず抱かれたことに嫌悪はなかったから、多分ずっと浅野を好きだったんだと思う。

俺は浅野の奢りで呑みに行くことにした。
どうやら前々から手掛けていたプロジェクトがようやく成功したらしく、一番に俺に聞いて欲しかったとか。
電話だけじゃ物足りなくて、妻もいないことだし、と言い聞かせて。

家から結構離れた場所にある店に予定より早く着いた俺は、とりあえず先に呑むことにした。
お互いにカウンターで呑むのは嫌いだったから奥の席に座って、軽い酒を頼んだ。

しばらくして浅野が来た。
俺が結婚する前だったから二、三年以上は経ってるはずなのに、男の俺が言うのも可笑しいが相変わらずカッコいい。

「…よぉ」

片手を挙げて俺に挨拶した浅野を見たら、一応恥ずかしくない程度には身なりは整えてきたつもりだが不安になってしまった。
浅野を例えるなら、オダギリジョーをもっと恐面にした感じ。
まぁ俺も人には目元が似てるとか言われた(二重の垂れ目のせいか?)とにかくモテる顔だから、その店にいた女も目を向けていた。

浅野は構いもせずに俺の横に来て

「久しぶり、小田嶋」

とか飄々と言う始末。
自分の姿が分かってんのか?口に出さないようにしながら、俺は頷くだけして俺は酒を口に運ぶ。

プロジェクトの内容を説明して貰い、互いの今の仕事のことや妻や家庭のこと(浅野は一年足らずで離婚したらしい)を一通り語った。
店の中にも数人の女が残された以外はいなくなり、俺たちの話も尽きてきた頃。
浅野が不意に俺を見据えた。

「…、浅野?」

酒が回ったせいか俺は半歩遅れた返事をして見つめ返す。
浅野はグラスの酒を飲み干してから続けた。

「俺さー、あの日から忘れらんねぇんだよな」

「あの日?」

「お前と寝た日」

ぐっと喉が詰まりむせそうになる。
聞き返すのも忘れて俺はただ見つめた。
酔ってるのかと思い込ませて。

「小田嶋の顔も声も体も忘れらんなくて…誰を抱いてもお前を思い出す」

夢なのかと思うくらいだった。
まるでこれじゃあ漫画みたいな展開だ。
でも現実だった。
アルコールの入った身体は浮遊感があるものの、頭は妙にハッキリしている。

「……小田嶋」

熱っぽい視線を受け止めた俺の下半身は浅野の言葉に反応して熱を持ち始めた。

ヤバい!そう感じた瞬間、本能的に鞄を掴むと振り向かずに店の扉へと走った。
今思えばよく無事に外に出れたと思う位に、その時俺は動揺していた。

外に出たは良いが、帰る道も方法も何もかも分からなくなって、俺は店の横の路地に屈み込む。
少しして浅野が外に出てきた。

慌てているようで俺を見付けるのに時間を要したが、蹲る俺に焦りながら声を掛けて来るのが何だか笑えてしまう。

「悪かったって、おい小田嶋…!」

返事がないことに余程困っているような調子に、堪え切れずに吹きだした俺を怪訝そうに見て来る。
俺は落ち着きを取り戻して、人通りがないことを良いことに浅野に口付けた。
と言いつつ、急に緊張して頭の中が真っ白になっていた。

「小田嶋…ヤベェって」

「……ん、」

「お前奥さんいるんだろ?」

その時は本気で別れても良い気がしていた。
それで浅野が手に入るなら安いくらいだと。

俺らはタクシーで浅野の家に向かった。
数年前、抱かれた部屋でまた浅野に抱かれるのだ。

「あ、浅野…、待てって!」

部屋に着くなり押し倒されて、ベッドに行くには苦労した。
そこに行くまでに服は全て脱がされてしまった。

「ぅあ、ああ、…いい…んっ」

一度しか抱かれていない筈なのに浅野の掌の感覚が肌に染み付いていて、胸を撫でられるだけで感じた。
乳首を嫌という程いじられて、ぷっくりと腫れている。

「あさ、の…ああっ、やぁ…ヤバ…無理ィ…あんっ」

「…小田嶋」

「やぁ…やんっ…ああ、」

熱い声で名前を呼ばれなから、下半身を愛撫される。
ぬちゃぬちゃという音にも感じて先走りが止まらない。

終えた頃には抵抗する力はなくなっていた。
尤も抵抗する気は初めからなかったが。

「…ふぁ、あっ、んあ」

俺のちんこは濡れそぼり、固く上を向いている。
それを浅野は美味そうに舐める。

「ぅあ、あっ、あああ、やあ、ああんっ…イク…!」

腰が痙攣してイきそうになる度に止められて、俺は半泣きで息をついていた。

「ん…ふ、…イかせろよぉっ…あんっ、馬鹿や、ろ…ぉ、あああっ」

それでも浅野は握り込んだ俺のちんこを離さずに、指を尻の穴へと当てて来た。

「解さないと辛いだろ」

そう言われて浅野の指が俺のケツの穴に入ってきた。
久しぶり過ぎる浅野の行動に期待よりも恐怖の方が大きくて俺は目を瞑った。
浅野の長い指が中で動く度に俺の口からは喘ぎ声だけが漏れる。

中をいじられる快感に涙がボロボロ溢れてなんだかいろんな意味で恥ずかしかった。
そんな俺を見た浅野はカッコいい笑み(笑)を浮かべて指を抜いた。

そして

「…欲しいか?」

なんて聞いてきた。
当たり前だけどもう限界だったから俺は何度も頷いた。
そうしたらまた浅野はニヤと笑んで俺のケツに浅野のチンコを挿入した。

裂けるんじゃないかと思うくらいに拡げられて俺は何回も
「浅野」

と呼んだ。
そうでもしないとどうにかなりそうだったから。
浅野は俺の腰あたりを掴んで奥へ奥へと進んできた。
俺は今までにないくらいの気持ちよさに羞恥心なんて捨てて喘いでしまう。

「…ああっ、あん」

「小田嶋…!」

ガクガクと身体を揺すって進む浅野のチンコは熱い棒のようで、内蔵ごと前立腺を擦られて俺はイった。
それでも浅野はまだ固いままで動くものだから俺の口からは
「…あん、あん」

なんて女みたいな高い声が出る。
しばらく律動を繰り返してようやく浅野のチンコから熱いものが俺の中に注がれた。

本当に気持ち良くてぼーっとしながら浅野を見たら、寄せた眉間を和らげて俺に口付けてきた。

「やっぱり小田嶋を忘れられるわけねぇ」

「…俺も浅野といたい」

恋人同士がするような会話をして、風呂に入って俺は浅野の家を後にした。
来たときと違うのは浅野と会う約束をしたということ。

妻には悪いけれど俺から浅野を奪うことはできないと思う。
一応ノンケだけど浅野の前ではネコとして、妻の前では旦那として俺はこれからも生活していきます(笑)

ガッチリめ太めの髭です

名前:浩二
お住まい:大阪
年齢:32歳


ガチポ中年

ガチポな体してるオヤジです。髭生やしてがっつくタイプのやりチンです。鍛え抜かれた金にボディにも興味あればどうぞ。