俺と彼らのハッテン体験談~女装好きゲイの妄想~

~女装好きゲイの妄想~

強烈なフェラ体験

カテゴリ:体験談2015年12月10日

00237

二十歳になった僕には、変態でセフレのおじさんがいた。

僕はフェラチオをするのが好きで、おじさんは舐めさせるのが好きなSだった。

最初はフェラチオや口内射精、ごっくんだけだったプレーはやがてエスカレートして、僕はついにおじさんのおしっこを飲むようにまでなった。
どうも僕はMっ気が強いらしく、やられている間は苦しい行為でも、それを想像すると興奮してしまう。
お尻でのプレーには興味がなく、そこは未だに処女のままだった。

おじさんとのセフレ関係が半年ほど続いたある日、おじさんからメールがあった。

「純くん、突然だけど、私以外の人にフェラってできる?」
「できると思いますよ」

僕はメールにそう返した。

おじさんとの関係は、あくまで背徳的な関係に過ぎず、そこに恋愛感情があるわけではない。
ただ興奮するからプレーを続けているに過ぎず、別に他の人相手でもフェラはできるだろう。

「私のS仲間に、プレー相手を探している人がいてね」
「どんな人ですか?」
「わたしより十以上も若い、三十代前半の人だよ。お尻はあまり好きじゃなくて、フェラさせるのが好きらしいから、君とも嗜好が合うと思うよ。どう?」
「僕は……構いませんけど」

僕はおじさんとしか経験がない。
他の人とするのはどんな感じだろうという興味もあった。

「私以上の変態だから、会うときは覚悟してね。それじゃ、彼に君のアドレスを教えておくから」

私以上の変態という言葉が気になった。

やがて、待っていると、その『彼』からメールが来た。

都内に住む、32歳の雅紀さんという人だ。

「初めまして。話は聞いているよ。よろしく」

メールの文面は、とても穏やかな人だった。
見た目を尋ねると、体重は三桁近いという。
少し意外だったが、見た目にこだわりがあるわけでもなかった。

しかし、何通かメールを交わすうちに、少しずつ彼の変態性が垣間見えてきた。

「そういえば純くんは、洗ってないおちんちんを舐めさせられたりしているらしいね?」
「はい」
「そういうの、好き?」
「……ちょっと興奮します」

おじさんは、そういうのが好きな人で、僕はよく洗ってないおちんちんを舐めさせられることがあった。

「よかった、俺もそういうのを舐めさせるのが好きでね。それで『おじさん』に、君のことを紹介してもらったんだ」
「そうなんですか」
「俺の、舐めてみない? お尻はしないから大丈夫だよ」
「舐めてみたいです」
「ただ、かなり臭うよ」

しかし、おじさんもそういうのを舐めさせるのが好きな人だった。
洗っていないおじさんの包茎ペニスに奉仕したこともある。

僕は大丈夫とメールを送り、雅紀さんと会う約束をした。

雅紀さんと初めて顔を合わせたのは、夏の暑い日のことだった。

東京と埼玉の県境近くの駅で下車をして、教えられた住所に向かって歩いた。
雅紀さんは一人暮らしをしているという。

汗をだらだらかきながら、僕は歩いた。

初めて会う人だ。
無論緊張していた。

雅紀さんに指定された住所は、住宅街の中にある二階建ての木造アパートだった。
ボロい階段を上り、二階の203号室のチャイムを鳴らす。
教えられた部屋だった。

チャイムを鳴らすと緊張が沸き上がってくる。
やがて、部屋の中から人の気配がして、扉が開かれた。

そこに立っていたのは、黒のシャツにジャージという部屋着を着た、太った男の人だった。
身長はあまり高くないから僕と同じくらいだ。
もちろん、体重は聞いていたから予想はしていた。
鼻の下と顎には無精髭が生えている。

何よりも驚いたのは、扉が開いた瞬間に漂った、もわっという香りだ。

(うっ……この人、汗臭い)

「初めまして。よく来たね。さあ中に入って」

僕は誘われるがままに、部屋の中へと入る。

靴を脱いで廊下に上がる。
雅紀さんの横を通り抜けて中へと向かう。
彼とすれ違うときに、また再び強い汗の香りがした。
それに思わず顔をしかめてしまう。臭い。

しかし、雅紀さんは部屋の鍵を内側から施錠してしまった。
僕は廊下を歩くと、その先には六畳ほどの部屋があった。
畳張りの部屋の中は、布団が敷きっぱなしになっている。
部屋のカーテンは閉じられていた。

床には脱ぎ捨てられた服や、雑誌が散らばっている。
決して綺麗とは言えない。

「汚い部屋でごめんね。そのへんに荷物置いてくれる?」

いつの間にか、僕の後ろに雅紀さんが立っていた。
僕は適当に荷物を置いて、周囲をきょろきょろと見回した。どうしたらいいのだろう。

「そのへん、適当に座ってよ」

僕は、畳の上に適当に腰を下ろした。
雅紀さんが、僕の近くの布団の上に腰を下ろすと、再び嫌な臭いが鼻をついた。

「俺、臭い……?」

締め切られた暑い部屋の中で、雅紀さんがにやりと笑った。
雅紀さんの頬からは、汗の雫が垂れている。

「……はい、ちょっとびっくりしました」
「ここんとこずっと、お風呂入ってないから。俺に奉仕できる?」

不潔な雰囲気に、嫌悪感が溢れた。
しかし、こんな汚い人に奉仕しなければならない。
風俗店などに現れる、不潔な人の話を思い出した。
それでも風俗嬢は相手が客だから、奉仕しないといけない。
そんなことを考えていると、ズボンの中で自らのものが硬くなっていくのがわかった。

「たぶん……できると思います」
「うん、『おじさん』に聞いていた通りだ。変態だね」

僕はそれにどう反応していいかわからずに困惑した。
雅紀さんは、ゆっくりと立ち上がって、上下のジャージを脱ぎ捨てた。

「じゃあしようか。最初はブリーフ越しに嗅いでごらん」

雅紀さんは白のブリーフを履いていて、股間のところが黄ばんで見えた。
ゆっくりと雅紀さんが、座っている僕のところに近づいてくる。
そして頭を押さえられて、僕は正面から、雅紀さんのブリーフに顔を沈めた。

(うっ、強烈な臭い……)

ブリーフ越しに、勃起した熱いものの感触を感じる。
体の汗臭さ以上に、そこは強烈な臭気を発していた。
アンモニアのような香り、男の強い性臭……。

「鼻から息、吸ってみて」

吸い込むと、その強烈な香りに頭がクラクラした。

「そのまま、ブリーフを舐めてごらん」

僕が見上げると、蔑むような強い瞳で、雅紀さんが僕のことを見ていた。
僕は、おずおずと舌を出して、ブリーフの臭いの濃い部分に舌を這わせていく。

(やばい……おじさんのものとは比較にならないほど、臭い……)

それでも僕は、頑張って舐めた。
やがて、ブリーフは僕の唾液を吸って染みていく。
どのくらいそうしていただろう、満足したのか、雅紀さんが僕の口元からブリーフを遠ざけた。

「そろそろ本番で、フェラしてもらおうかな。おっと、その前に……」

雅紀さんは一瞬僕のそばから離れ、押入れの扉を開いた。その引き出しの中から、カチャカチャと音のする金属製のものを取り出す。
やがてそれを、僕の方に見せつけた。金属製の手錠だった。

「手錠、掛けてもいい?」
「え……?」
「大丈夫、無理矢理お尻を犯したりしないから。犯すのは口だけだよ。手、使わずにやって欲しいんだよね」
「それなら……いいですけど」
「手、後ろに回してくれる?」

僕はおずおずと、手を後ろに回す。
やがて、ガチャリと両手に冷たい金属の輪っかがかかる。
意外と苦しい体勢だった。
けれど、興奮していてズボンの下では僕のものが屹立している。拘束されていると触れられないのがもどかしい。

手錠を掛けた雅紀さんは、満足そうに僕の前に立った。
ブリーフを脱ぎ捨てて、雅紀さんは全裸になる。
僕は、未だに服を着たままだった。

「じゃあ、フェラして」

僕は雅紀さんのそばに近づく。
ブリーフを脱ぎ捨てた股間には、皮の被ったペニスがわずかに勃起していた。
それほど大きくはない。先っちょからは、ほんのわずかに亀頭が見えている。

顔を近づけると、やはり強い臭気が鼻をついた。
しかし慣れてきたのか、最初ほどの刺激ではない。

僕は、裏筋に舌を這わせた。
手を拘束されている状態では、とてもやりにくい。

「実は、先週約束してた人には、舐めるの無理って言われちゃってさ。すごく溜まってるんだよね」

その言葉通り、すぐに雅紀さんのペニスは充血して、硬くなっていく。

「無理……ですか?」
「汚いから無理なんだってさ」

皮の中からほんのわずかに姿を現した亀頭の先からは、透明な粘液が滲んでいた。
そこに口を寄せると、また生臭い香りがして、しょっぱい味がした。

「じゃあ、そろそろ剥くね」

そう言って、雅紀さんは自らのペニスの根本に手をあてがうと、皮を引く。
その瞬間、僕は強い臭いにむせてしまった。

「げほっ、げほ……っ!」

皮を剥いて、姿を現した雅紀さんの亀頭には、白い恥垢がべっとりと付着して、糸を引いている。

(すごい臭い……)

思わず涙目になってしまった僕に、雅紀さんはそのまま告げた。

「全部舐めとるんだ。逃げられないからね」

縛られてしまっている以上、口で舐めとるしかない。

(すごい臭いだけど、舐めなきゃ……)

僕は覚悟を決めて、その不潔なものに舌を這わせ始めた。

「はぁ……けほっ……」

(臭いし、汚い……)

亀頭に舌を這わせて、白いものを舐めとっていく。
飲みたくはなかったが、吐き出すわけにもいかず、僕は唾液と共に、その臭いの塊を飲み込んだ。

(ううっ……口の中、すごい臭いになってる……)

「臭いがなくなるまで、ちゃんとするんだよ」
「はい……」

とても長く、苦しいフェラだった。

やがて、舐めて綺麗になってくると、僕はその亀頭を咥えこんで、口だけで上下に動かした。
雅紀さんの呼吸が荒くなってきて、先っぽから強い味が滲んでくる。
僕は夢中で、口を動かした。
やがて、雅紀さんの手が僕の頭に添えられて、何度も喉奥を突かれて咽そうになった。

そして、最後のときを迎える。

「くっ、出る……」

その低い声と共に、僕の口の中に粘っこい大量の精液が飛び散った。

「んうぅっ……! んっ……ふぅ……」

僕はそれを口の中で受け止める。

(濃いし、すごいいっぱい……)

「はぁ、はぁ……すごくよかったよ。口の中、見せて」

僕は、雅紀さんを見上げたまま口を開く。
思わず零れそうになるくらい、大量の射精だ。

(うう……まずい。どうせなら、早く飲んでしまいたい……)

僕は、雅紀さんの次の合図を待った。
しかし雅紀さんは、驚くべきことを言った。

「そのまま口を閉じて、飲まずにくちゅくちゅってしてごらん」
「んっ……!?」
「ほら、早く」

僕は口を閉じて、瞳をぎゅっと閉じたまま、口の中に溜まった精液をくちゅくちゅと撹拌する。
鼻から息を吐くと、脳天に生臭い香りが突き抜けて、涙がじわりと滲む。
許してもらえたのは、何度も口の中で精液を撹拌してからのことだった。

「いいよ、飲んで」
「……んっ、こくっ……んくっ」

飲み込んだ僕は放心状態で、ぼーっと雅紀さんの方を見上げた。

「いいね、その表情。もっと苛めたくなる。そういえば純くんって、『おじさん』のおしっこも飲んでるんだっけ?」
「はい……」
「俺のも飲んでくれないかな」

おしっこを飲むのは苦しいから、できることならあまりやりたくなかった。

「まあ、嫌だって言ってもやらせるけどね」

射精したばかりで、雅紀さんのペニスは萎んでいた。その先からは、精液の雫が垂れている。

「咥えてごらん」
「……はい」

口の中が精液の味でいっぱいで、その気持ち悪さを拭えないまま、僕は雅紀さんのペニスの先を咥え込んだ。

「おしっこ飲ませるのは初めてだ。興奮するな。下、畳だから零さないようにね」

僕は咥えたまま、雅紀さんの排尿を待つ。

(溜まってるのかな……あんまりたくさん出ないといいな)

「射精したばっかりだからか、出ない……」

僕は緊張のまま、待ち続けた。

「あ、出るかも……」

やがて、その言葉と共に口の中に、塩辛い液体が注がれる。
やはり射精したばかりか勢いが弱かったが、僕はそれをごくりごくりと飲み下していく。

(やっぱり、まずくてきつい……)

僕は、必死にそれを飲み下していく。。

(んんっ……勢いが強くなってきた)

やがて、雅紀さんの排尿は勢いを増し、僕はそれを必死に飲み下していく。

「すごいね」

今まさに、僕の口の中に排尿している雅紀さんが、そう呟いた瞬間――。
僕の下半身で、快楽が弾けた。

(あっ……で、出る……!)

「んうぅっ……んくっ、ごく……ごくっ」

それでも僕は零さぬように、体を震わせながら雅紀さんのおしっこを飲み続けた。
やがて排尿が終わり、僕は呆然としたまま口を離した。

汚いペニスへの奉仕に、飲精……そして、飲尿。
数々の被虐的な行為を受けて、僕はどうやら射精してしまったらしかった。

ハッテンしたい現役大学生です!

名前:圭吾
お住まい:東京
年齢:20歳


男が好きな美形大学生

よく女の子みたいだねって言われてます。現役大学生です。ノリで女装させられたりした経験から男の人がすきなってしまいました。パイパンで若干筋肉質ですが、僕のお尻を掘ってもらいたいです。