俺と彼らのハッテン体験談~女装好きゲイの妄想~

~女装好きゲイの妄想~

初体験

カテゴリ:体験談 初体験2015年12月22日

00237

この間、地元の小さなポルノ映画館に期待しながら行って来ました。

お昼過ぎで、人影もまばら。
僕は見渡しのきく一番後ろの席、右端通路側に腰掛けました。
しばらく見渡していると、少し前の方で何やらモゾモゾ動く2つの頭。
後ろの席に近づいて、シートの間から覗くとおじさん2人がエッチなディープキッスとフェラチオを交互にしていました。
チュパチュパブチュブチュといやらしい音をさせながら貪り吸い舌をイヤらしく絡めあってます。

僕はものすごく興奮して、シートの間に顔をくっつけて見ていました。
フェラをされているおじさんがそれに気付き、シートの間から僕と同じように顔をそっと近づけてきました。


しばらく見つめ合うような雰囲気になり、おじさんはそっと「クチビル吸いたい?キッスしたい?」と囁くので、思わず頷くと唇をエッチに舐め濡らして長い舌を突き出して来ました。
僕はたまらなくなり、同じように唇を舐めて濡らしてから
舌をいやらしく出しながらおじさんの唇に吸いにいきました。
舌を絡め、おじさんの舌を吸ってしまいました。

おじさんの舌は濡れてて長くエッチにベロレロ動き、酸っぱいようなエッチな唾のニオイがそそります。

なによりおじさんの肉厚のクチビルがメクれて吸いついてくるのが最高にイヤらしくて「好きっ」とか「感じるっ」とか
糸を引くクチビルを離して囁きあいながらしばらくおじさんと濡れて貪りあうディープキスを楽しんでいました。

おじさんは更にエッチに舌なめずりして唇を濡らすと口を大きく開き長い舌を全部差し込んで高速で絡めてきます。

興奮冷めやらぬ僕はたまらず舌をエッチに絡め唾液を飛び散らせながら唇を吸い吸われるうちに
僕の理性はなくなってしまい、自分でチンポをしごきながら流れ出る我慢汁さえ指ですくい舐め合いまくりました。

おじさんはすぐ僕の横に来て、すかさず僕のチンポを濡れた肉厚のクチビルでしゃぶってくれました。

僕はおじさんの硬くて熱いチンポを唾でたっぷり濡らした指でヌルヌルしごき、あふれ出ているエッチに匂う我慢汁のニオイを
指に擦りつけて嗅ぎながら、巧みに舐め上げ吸いたてるおじさんの舌とクチビルにもう限界です。

おじさんの熱いクチの中でイキそうになりながらも最後は「イキそうっ・・キスしてっ!キスしながらイキたいっ」と小声で訴えると
すかさず濡れて酸っぱくエッチに匂うクチビルがブチュッとかぶさって舌がベロレロ絡まります。

おじさんのローションみたいにエッチな唾液でぬるぬるビンビンのを自分でしごきながらおじさんの唇を狂ったように吸いながら
何度も何度もイキました。

ぐったりした僕のチンポをおじさんはきれいに舐めてくれて、ごちそうさまって言って出て行きました。

今、あふれ出ている我慢汁を自分で舐めながら書き込みをしています。

思い出すだけでいきそうです・・・

ハッテンしたい現役大学生です!

名前:圭吾
お住まい:東京
年齢:20歳


男が好きな美形大学生

よく女の子みたいだねって言われてます。現役大学生です。ノリで女装させられたりした経験から男の人がすきなってしまいました。パイパンで若干筋肉質ですが、僕のお尻を掘ってもらいたいです。