俺と彼らのハッテン体験談~女装好きゲイの妄想~

~女装好きゲイの妄想~

女装させられて

カテゴリ:体験談 女装/男の娘/ニューハーフ2015年7月31日

00237

高2です。
今、付き合ってると言うか、セフレのような関係の人がいます。
大学2年生の人で、彼は女装フェチなんです!
僕は、えっちする度に女装させられます。衣装は、セーラー服やワンピースだったり・・・
僕は女装の趣味はありませんが、最近は女装しないと感じなくなってきました。

犯されてる!女の子になっちゃう!って思うと快感が増すような気がしています。
先日は、セーラームーンのコスプレをしました。元々、体も小さくて女性用の服なら何でも着れますが
さすがにアニメキャラのコスプレは恥ずかしかったです。初めてストッキングを履いて、ハイヒールも
履きました。
僕が、着替え終わると早速ベットに押し倒されました。そして、僕の両手を手錠で拘束すると、乳首を
舐められました。僕もチンコはすでにビンビンで、レオタードの締め付けがキツかったです。
「あん・・・あん・・・」と感じていると、僕の股間にローションを垂らしてきました。
レオタード越しにローションでベトベトにされ、チンコをしごかれて僕はすぐにいきそうになりました。
「でちゃう!いっちゃう!」と言う度に、止められて、僕の性感は高まっていきました。
早くお尻に入れて欲しくてお願いすると、目の前に彼のチンコが!僕は必死でしゃぶりました。
しゃぶっていると、レオタードをずらされて、僕のお尻に彼の指が入ってきました。指が3本入ったところで、
お尻の中をかき回されました。僕はこれをやられるとすごく気持ちよくて、声をだして感じていました。
次に四つん這いにされました、やっと入れてもらえると思ってたら、彼は僕の足を舐め始めました。
膝の裏からふくらはぎ・・・舌とストッキングの感触が今までとは違った快感が足からきました。
さらに彼は、ハイヒールを脱がすと足の裏やつま先まで舐めてきました。これはさすがに想定外で、何とも言えない
えっちな感じがしました。僕が、足を舐められて感じていると彼は僕の足を持ち、強制足コキっと言って僕の足でチンコを
しごき出しました。彼の固くて熱いチンコの感覚が足の裏からも伝わってきました。なんだか、気持ちよくて
僕も声をだしていました。だんだんと足コキのスピードがあがり、彼のチンコがさらに大きくなったと思った瞬間!僕の足に
精子をだしました。足の裏を中心に彼の熱い精子がかかりました。僕は、自分の足を見てますますえっちな気分になりました。
彼は、足が気持ちよすぎて出しちゃったって言っていました。そのあと、彼は僕のお尻にバイブを入れて僕のチンコをしごいてくれました。
僕は、あっという間にいってしまいました。

金曜日の夜に彼とあっていつものように女装(今回はチャイナ服)させられてえっちした帰りに「日曜日はこれを着てここにおいで」と髪袋を持たされました。
中をみるとセーラー服と白のハイソックス、ローファー、下着(ブラも)入ってました。
さすがに、家からは無理と断ると、「それなら、駅まで迎えに行くから、そこで車の中で着替えて歩いておいで」と言われました。
僕は、普段から体も小さくレディースものを着てるし、女の子に間違われることもあるし・・・それに、女装して
外を歩くなんて考えただけでもえっちな気分になってしましました。「うん」と結局答え家に帰りました。
家で早速セーラー服を来てみました。結構ミニで大丈夫かなと思いましたが、鏡で自分の姿を見てると我慢ができなくなり
オナニーしてしまいました。
日曜日、午後2時ごろ駅について、彼の車の中で着替えました。彼はその様子を写真をとりながらニヤニヤしてました。
着替え終わると、車から降ろされ、歩いて彼の家まで向かいました。
下を向いて、小走りに歩きました。人とすれ違うたび、あそこがビクビクして心臓が張り裂けそうになりました。
僕は、恥ずかしさと興奮で早くえっちがしたくなりました。彼の家までは10分位の距離ですが、僕には1時間以上に
感じました。彼の家に着いて、ピンポンしましたが、彼はなかなか開けてくません。
「早く開けて・・・僕・・・おかしくなっちゃうよ!」心で叫びました。するとインターホンから「そこでスカートをまくれ」
と命令されました。いくらなんでもそれだけは・・・躊躇していると、彼は「しないならそのまま帰れ」と言いました。
僕の服は彼が持ってるし、このまま帰るなんてできない!僕は周りを確認しながらゆっくりとスカートをまくりました。
「よく見えない!もっとまくれ!」僕のチンコは小さな下着からはみ出てました。「こんな場所で・・・変態だね!いいぞ!はいれ!」
僕はもう奴隷状態でした。部屋に入ると、すぐに手足を拘束されベットに転がされました。
やっとえっちしてもらえる!僕のチンコはもうはち切れそうでした。お尻も疼いて、「はやくして・・・」とお願いしました。
「今日はよく頑張ったからご褒美だよ」と彼はチンコを舐めてくれました。僕はすぐにでもイキそうなりましたが。
彼はイカせてくれません。すると彼のギンギンのチンコを口に入れられました。僕の頭はぼぉっとなって
後はよく覚えていません。何度も何度もお尻を突かれ、あんあんいいながら中出しされ、僕もイキました。
セーラー服は僕の精子でベトベトになりました。「すっかり女の子だな」そう言われ、僕は少し嬉しかったです。
女装したい・・・今はそう思うようになりました。

ガッチリめ太めの髭です

名前:浩二
お住まい:大阪
年齢:32歳


ガチポ中年

ガチポな体してるオヤジです。髭生やしてがっつくタイプのやりチンです。鍛え抜かれた金にボディにも興味あればどうぞ。