俺と彼らのハッテン体験談~女装好きゲイの妄想~

~女装好きゲイの妄想~

新宿24で

カテゴリ:ハッテン場 体験談2015年9月8日

00237

東京に仕事でホテルに泊まった時に掲示板に載せたけど、いい反応がなく、悶々としながら部屋で過ごしていたが、ケツが疼いて目が覚めてしまった。
どうにも我慢できずに、タクシーを飛ばして新宿24に飛び込んだ。
すぐさまシャワー室に入って、体とケツの中を洗って、風呂場の中を散策したが、いい感じの人はいないようで、上の階にあるミックスルームに入って、空いてる場所を探して横になった。

最初は好みではない年配の人が触ってきたんで、丁重にお断りして、また静かに横になった。
今度は頭にタオルを巻いている若いヤツだった。
顔はよく見えなかったが、雰囲気がよく、悪い感じはしなかったんで、そのままケツや乳首を攻めてもらった。
少しして、彼はケツにオイルを塗り始め、ゆっくりとケツを掘り始めた。
ケツの中に入ってきたチンポは少し細めだったけど、ケツを掘りながら乳首や脇を舐めてくれて、キスしたりして、ヤリ捨てではなく、マッタリが好きな感じだったんで、俺の好みのプレイだから、俺からもキスをせがんで、しっかりと繋がっている時間を楽しんでいた。

彼は少し疲れた感じだったが、俺の片足を持ち上げて、ケツを掘りながら、俺の中にたっぷりとザーメンを出してくれた。
少し疲れたようだったが、彼は腕枕してキスしたり、まったりして気持ちのいい時間を過ごさせてくれた。

俺は1人シャワーを浴びに出て、熱い風呂と低温風呂を行ったりきたりしながら過ごして、ミストに移った。
少しして、人の動きが多くなったんで、ミストの中の座る場所でジッとしていた。
今度は目を瞑った状態で少し休んでいると、誰かが俺の太ももを触ってきた。
目を開けると、スジ筋の人がそこにいた。

その人は、俺の乳首を噛みながら、ケツに指を入れて掘りたそうにしていた。
俺はその人をシャワーブースに誘って、キスしたり舐め合ったりしていた。
彼は「掘りたいけど、経験が少ないから手伝って」と言ってきたんで、俺は彼のチンポにボデイソープを塗ると、ケツに宛がった。
ゆっくりケツに宛がったまま後退りすると、ケツの中にゆっくりとチンポが入ってきた。
彼のチンポは固く少し長さがあって、奥の方まで届いて気持ちよかったが、経験が少ないだけあって、彼は5秒くらいでいってしまった。
「ごめんね、早くって」と謝ってきたんで、「いいよ、気持ちよくなってくれたら、それで」と答えて、俺はシャワーブースを出た。

このままでは満足できないから、違う人を探した。
ガチムチして、タッパがあるカッコいい人がいたんで、横に寝た。
その人とキスして、イチャイチャしながら抱き合ったりしていた。
その人は少しS気があったようで、ケツに指を入れながら乳首を噛んだり、脇を噛んだりと少し痛い感じだったが、俺のケツマンは広がり始めた。
俺は彼のデカめのチンポをしゃぶりながら、ケツに入っている指を締め付けていた。
「締りがいいから、何回も掘りて~」と言ってくれたんで、俺のM魂に火が点いた。
チンポをしゃぶりながらケツを振りまくり、おねだりをしていた。
その人は「チンポをやるから楽しめよ」とだけ言って、ケツの中に押し込んできた。

ケツの中が痛い感じではあったが、その痛さがレイプされてるような感じで俺は嬉しかった。
チンポで掘られたり、征服されている感じが好きだった。
正常位・バック・帆立船・騎上位と色んな体位で掘ってくれた。
その人は俺の中に無言でザーメンを出し切るように、何度も何度も掘りまくっていた。
いった後も掘り続け、ケツの感触を楽しんでくれた。
俺は少し満足した状態で24を後にした。

俺は今日の夜の相手を探して、掲示板に載せた。
そして、その人たちにケツを掘られた後は、元彼の胸の中で寝る約束を取り付けた。
元彼のザーメンは旨いんで、会う時は3回は飲ませてもらっている。
今飲むのは元彼のだけにしている。本当に旨いザーメンだ。
そのザーメンを思い出しながら、ケツが疼きだした。
みんなが出してくれたザーメンが残っているケツがヒクヒクしている。
そのケツをモジモジさせながら、起ってきたチンポを悟られないように、電車に乗って仕事場へ向かった。
今日の夜に期待しながら、携帯を握り締めて歩いて、人ごみに隠れていた。

ガッチリめ太めの髭です

名前:浩二
お住まい:大阪
年齢:32歳


ガチポ中年

ガチポな体してるオヤジです。髭生やしてがっつくタイプのやりチンです。鍛え抜かれた金にボディにも興味あればどうぞ。