俺と彼らのハッテン体験談~女装好きゲイの妄想~

~女装好きゲイの妄想~

女装して熱い精液を頂きました

カテゴリ:体験談 女装/男の娘/ニューハーフ2015年9月28日

00237

私は化粧有りの下着女装子なんです。 本当は完全に女性になりたいんですが…。 イロイロ事情的に。 そんな私が今日、体験したエッチです。
今日の夕方に24歳の彼(山本太郎似)からメールが来て、久しぶりに会う事に。 彼の車でラブホに行きました。

彼は女性好きなので、部屋は薄暗くして、私は下着姿になりました。
彼も全裸になり、ベットの中に…。
私も下着姿でベットの中に…。
入ると彼が私に覆いかぶさると私のブラをズラし、優しく私の敏感な乳首をペロペロして首筋…乳首…脇…と丹念に愛撫してくれました。
上を責めつつ下着の上からアナマンを指でスリスリしてきます。 私はanan喘ぎ女性でした。

彼は薄暗い部屋でニヤつき彼の固いアレを私のアナマンに押し付けてきました。

彼は「入れて良い?」と言ってきたので、私は、「お口でしてあげたい」と。
彼は横になり今度は私が上に…。
彼の固いアレをお口の中に入れ、久しぶりのオチンチンを味わいました。

彼はローションを取り私のストッキングを下ろしアナマンに、たっぷり塗り人差し指、中指と広げて出し入れしてきました。
部屋には、私のフェラの音とアナマンのローションの音が…。
私は彼に「お願い。入れて…」と言うと彼は私を仰向けにして、ゴムを付け私の両足を持ち上げると一気に私のアナマンに… 久しぶりの私のアナマンはキツキツで、彼は「締まりが凄い」と連呼してガンガン突いてきました。

彼は「イキそう…」と言ってきたので、私は「ダメ~。 もっとして」と…。
頭が真っ白で、自分で恥ずかしい事を言ってる事を忘れていました。
でも、彼のアレが奥に当たる度に私のアナマンがヒクヒクしてしまい、彼は「締まりが…」と言い私の中で果てました。
彼は、そのまま2回戦をしようとイッた後も抜かずに突きましたが、次第にやっぱり半折れしてきて、私が抜いてあげて、ゴムを取ってあげました。

ゴムの中は、私が我慢させたせいか、凄い量の精子が。
そして「凄い量~」と笑いながら、彼のアレを掃除してあげました。
そして腕枕をして貰い、少し話しをしました。
話しをしている間、彼の手は私の乳首に、私の手は彼のアレに…。
二人でイジイジしながら、数分後に彼のアレが復活しだしました。

私は彼のアレに、またゴムを付け今度はバックから突いて貰いました。
バックは私が好きな体位でしたので、奥に当たる度に、私は凄い声をあげていました。
今度は長めに突かれてしまい私は真っ白になり突かれながらイッてしまいました。
その後も私はグッタリしながらも、突かれていました。

そして彼も絶頂に来た時、ゴムを取り私の顔に生暖かい精子を…。
最初よりは量は少なめでしたが、私の顔に飛びました。
凄く楽しかったです。

ガッチリめ太めの髭です

名前:浩二
お住まい:大阪
年齢:32歳


ガチポ中年

ガチポな体してるオヤジです。髭生やしてがっつくタイプのやりチンです。鍛え抜かれた金にボディにも興味あればどうぞ。